【ランドセルの選び方】先輩ママさんたちは どんなところにポイントを置いて買ったの?先輩ママさん数人に聞いてみました♪

ランドセル選びのポイント

これから ランドセルを選ばれる方は いろいろなメーカーさんから出ているランドセルを見ているだけて 目移りがして ついついデザイン重視で選んでしまいがちですけど

ちょっと待ってくださ~い!!

たぶん わたし自身 孫にランドセルを買うとなったら 「このランドセルめっちゃかわいい~」とか「これかっこいいやん!」って 目がいくところって デザインやと思うんですね。

もちろん 親やこどもの気持ちを重視しながらですけど^^(おばあちゃんの役目は おさいふ係ですからね^^笑)

こうして ランドセルの情報を探して発信していると いろんなランドセルの選び方があるんやな~とますます ランドセルが好きになってくる自分がいます♪

先輩ママさんたちは ここに気をつけてランドセル選びをしていました!

さて 今回は わたしの周りの 現小学生のお子さんをもつママさんたち数人に(娘、息子の友達ですけど)聞いてみました。←いまどきは こうやってランドセルを選ぶんやな~といい勉強になりました♪

丈夫かどうか

6年間共にするランドセルです。保証があるとはいえ こどもの使うものですので 丈夫さはランドセル選びの上位にはいっています。

値段の安さでランドセルを決めて 2、3年でつぶれてしまったという先輩ママもいたんだそうです。

ランドセルの教科書を入れる部分を軽く押さえてみると 型崩れしやすいかどうかがわかります。

価格

1年1万円と考えて 6年間で まあ6万円、7万円ぐらいのランドセルが妥当かな~という考えでランドセルの価格を決めたとのことです。

いいランドセルをアウトレットセールまで待って購入したママもいました。

あえて 予算内のランドセルをこどもに見せて決めたとの声も。

ランドセルの重さ(ランドセルの素材)

主な ランドセルの素材は 大きくわけて 人工皮革のクラリーノ®、天然皮革の 牛革とコードバン です。メーカーさんによって クラリーノ®の中でもより傷がつきにくいなどの素材はでています。

小さいからだで背負うということで軽い素材の 9割方 人工皮革を選ばれている方が多いようです。(ランドセル売り場の方に聞いてみました)


 

クラリーノ®・・・軽い!汚れにくい!はっ水加工があって 雨やキズにも強い素材。デザインも豊富


 

天然皮革①(牛革)・・・人工皮革よりも重い。長い間使用していくことで つやや深みなどの風合いが良い。価格は 人工皮革よりも高め。


 

天然皮革②(コードバン)・・・人工皮革よりも重い。上質感、長い間使っていくうちにでてくる つやや深みの風合いが良い。馬のお尻の部分からとれる皮のことで 一頭の馬からとれる量は とても希少。牛革よりもはるかに強い素材。希少なだけに価格も高い。


 

実際のところ 先輩ママさんたちは みんな 人工皮革のランドセルを選んでいました。

人工皮革を選んだ理由は

  1. 背が小さいから 背負ったときに重いとかわいそうだと思ったから
  2. おうちから学校までの距離が遠いから ちょっとでも軽い人工皮革にした
  3. この重さに教科書やいろんな道具を入ることを考えると 重くなると思ったから
  4. 雨のあととか汚れとかに強くて手入れがしやすいと聞いたから。

との答えでした。

なるほど~!!ただ軽いということだけでなく おうちから学校までの距離によっても 重さを考えるということなんですね^^

たしかに おうちから学校までの距離が近いと クラリーノ®より少しだけ重い牛革でも こどもの負担は少なくてすみますもんね^^風合いや高級感重視でも ぜんぜん大丈夫ですね^^

大容量なこと(A4フラットファイル対応)

実際 小学校に行くと 教科書以外に 持ち物がけっこう多いんだそう。

サイドに 給食袋をひっかけるところがあるけれど 実際のところ なにもかも 真ん中部分につっこんで帰ってくることが多かった。(男の子ママ)。だから そういうことを見越して 大容量でよかったと思う。

持ち手があること

最近のランドセルは 「持ち手」がついたタイプのものが多いですね。

これは おこさんが小さいうちに ランドセルを背負うときに親御さんが補助するときに 「持ちにくい」という声があったことから 機能がプラスされたんだそうです。(セイバンの場合)

学校によっても 違うようですが 昔は 机の横のフックにランドセルをかけることが多かったので

手持ちはないものが多く フックのみのランドセルで十分だったのですが 最近は ランドセルをロッカーに入れる学校も多いようです。ロッカーからランドセルを出し入れするときに持ち手があると出しやすいようです。

反射板がついている

これは 安全性のために チェックしたい部分ですね。学年があがってくると 学校帰りに塾に行ったり、夕方暗くなってから帰ることも多くなります。安全のために 反射板がついていると 運転する車からもわかりやすいので 重要です。

「天使のはね」がついているもの

数人の先輩ママさんの中で セイバンのランドセルを買った方が数人いました。

「やっぱり ランドセルはセイバンっていうCMをみたことがあるから セイバンの中で決めようと思ってたから」

「ラララ ランドセルは ててて 天使のはね~♪」というCMでも有名のセイバン。

天使のはねは 実際にみせてもらいましたが 肩ベルトに内臓したはねの形の樹脂素材が 肩ベルトを立ち上げるので ランドセル全体がぐっと立ち上がって 背負ったときに背中の上部分で密着するのが こどもの体にフィットしてすごく良いと思いました。

➡ 天使のはねランドセルのセイバンを見てみる

まずは 実際にランドセルを背負わせてみたほうがいい

オンラインショップで買うのは 簡単に買えていいけど 一回は 近くのお店で 実際に背負わせてみてから購入するほうがいいと思う~ということでした。

これは どの先輩ママさんも言っていました。

この情報が ランドセル選びをされる皆さんの参考になるとうれしいです^^

ランドセルの関連記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました